製造業の方必見!

製造業(メーカー)企業への弊所の役割(サポート)
今なぜ、原価計算が必要なのか! 中小企業の原価計算の実状とは? 製造業(メーカー)企業への弊所の役割(サポート)

「製造業の経営動向(平成27年度版 TKC経営指標 ※1 より)

平成27年(同年1月~12月決算まで)における製造業の経営動向は下記に要約される。

売上高は平成26年に比べ7,370千円増加し(対前年比102.5%)、限界利益も前年から3,609千円増加した(対前年比102.7%)。一方、固定費では、前年と比べて、人件費が1,225千円増加するなど、固定費合計で2,383千円増加し(対前年比101.9%)、経常利益は、前年から1,227千円増加の7,878千円となった(対前年比118.4%)・・・・

リーダー研修の勧め

  サイトマップ Site Map   
HOME
初めての方へ
 ├桑澤会計事務所概要
 ├会計で変わる経営
 └導入事例
優良企業への変革をはかる方へ
 ├目指せ!優良企業へ
 ├バランススコアカードとは
 ├サポートツール事例
 └リーダー研修の勧め
製造業向け
 ├製造業の方必見!
 └モノづくりナンバーワンを目指して


初めての方へ
優良企業にしたい方!

「獣医さんタスカル」からの獣医師さん耳より情報

法改正情報

もうすぐ、育児介護休業法が改正されます。

 

仕事と育児の両立支援制度が以下の通りに見直されます。

10月1日からの改正ですが、自院で具体的な取り組みをする場合は、そろそろ準備が必要です。

 

1.育児休業期間の延長

・今まで最長1歳6か月迄だった育児休業期間を最長2歳まで延長することができる様になります。

・育児休業給付金の給付申請も2歳まで可能となります。

 

2.育児休業等制度の個別周知

・事業主が、労働者に個別に育児休業等に関する制度を知らせることが、努力義務化されます。

 

3.育児目的休暇の新設

・未就学児を育てながら働く方が子育てしやすい様に、育児に関する目的で利用できる休暇制度を設けることが、努力義務化されます。

 

2.3.は努力義務規定ですが、世の中の流れ的には、こうした取り組みに、いち早く取り組むことが必要ですね。来年度は関連する助成金が新設されると良いですね

 

改正内容に関するご質問や、自院での具体的な取り組みに関するご相談等

お気軽にお知らせくださいね。


 <Sun cha社会労務士事務所>

獣医さんタスカル

経営革新等支援機関
経営改善計画の策定支援

お知らせ(新着情報)

2016/07/19
ホームページをリニューアルしました
お問合せ