製造業の方必見!

製造業(メーカー)企業への弊所の役割(サポート)
今なぜ、原価計算が必要なのか! 中小企業の原価計算の実状とは? 製造業(メーカー)企業への弊所の役割(サポート)

「製造業の経営動向(平成27年度版 TKC経営指標 ※1 より)

平成27年(同年1月~12月決算まで)における製造業の経営動向は下記に要約される。

売上高は平成26年に比べ7,370千円増加し(対前年比102.5%)、限界利益も前年から3,609千円増加した(対前年比102.7%)。一方、固定費では、前年と比べて、人件費が1,225千円増加するなど、固定費合計で2,383千円増加し(対前年比101.9%)、経常利益は、前年から1,227千円増加の7,878千円となった(対前年比118.4%)・・・・

リーダー研修の勧め

  サイトマップ Site Map   
HOME
初めての方へ
 ├桑澤会計事務所概要
 ├会計で変わる経営
 └導入事例
優良企業への変革をはかる方へ
 ├目指せ!優良企業へ
 ├バランススコアカードとは
 ├サポートツール事例
 └リーダー研修の勧め
製造業向け
 ├製造業の方必見!
 └モノづくりナンバーワンを目指して


当事務所が経営革新等支援機関としてご支援します!

社長さんの“夢の実現”に向けて事業計画の策定を支援します。

詳細はこちら

正しい会計ルール(「中小会計要領」※等)の積極的な活用を支援します。

詳細はこちら

TKCシステムの利用を通じて、毎月、現状を分析し、打ち手を提案します。

詳細はこちら

社長さんへの信頼が高まるので、貴社の資金調達力が向上します。

詳細はこちら

毎月、貴社を訪問し、親身に経営アドバイスを行います。

詳細はこちら

信用保証機関や銀行等から信頼される決算書の作成を支援します。

詳細はこちら

社長さんご自身が、自身を持って、業績と事業計画を説明できるようにします。

詳細はこちら

経営者塾等を開催し、社長さんに勉強の場を提供します。


※中小会計要領(「中小企業の会計に関する基本要領」)は、平成24年2月1日に公表され、国及び都道府県が中小企業の決算書を分析する際の基準となりました。その目的は、中小企業の①経営判断に役立つ会計、②正しい報告をする会計、③実務慣行に配慮した会計、④過重な負担をかけない会計、の4つとなっています。このことにより、すべての金融機関は融資判断に際して、この中小会計要領を尊重することになりました。

当事務所のサービス内容や経営革新等支援機関については、お気軽にお問い合わせください。