製造業の方必見!

製造業(メーカー)企業への弊所の役割(サポート)
今なぜ、原価計算が必要なのか! 中小企業の原価計算の実状とは? 製造業(メーカー)企業への弊所の役割(サポート)

「製造業の経営動向(平成27年度版 TKC経営指標 ※1 より)

平成27年(同年1月~12月決算まで)における製造業の経営動向は下記に要約される。

売上高は平成26年に比べ7,370千円増加し(対前年比102.5%)、限界利益も前年から3,609千円増加した(対前年比102.7%)。一方、固定費では、前年と比べて、人件費が1,225千円増加するなど、固定費合計で2,383千円増加し(対前年比101.9%)、経常利益は、前年から1,227千円増加の7,878千円となった(対前年比118.4%)・・・・

リーダー研修の勧め

  サイトマップ Site Map   
HOME
初めての方へ
 ├桑澤会計事務所概要
 ├会計で変わる経営
 └導入事例
優良企業への変革をはかる方へ
 ├目指せ!優良企業へ
 ├バランススコアカードとは
 ├サポートツール事例
 └リーダー研修の勧め
製造業向け
 ├製造業の方必見!
 └モノづくりナンバーワンを目指して


製造業の方必見!

製造業の経営動向(平成25年度版 TKC経営指標 ※1 より)

平成24年(同年1月~12月決算まで)における製造業の経営動向は下記に要約される。
売上高は平成23年に比べ7,370千円増加し(対前年比102.5%)、限界利益も前年から3,609千円増加した(対前年比102.7%)。一方、固定費では、前年と比べて、人件費が1,225千円増加するなど、固定費合計で2,383千円増加し(対前年比101.9%)、経常利益は、前年から1,227千円増加の7,878千円となった(対前年比118.4%)・・・・

*1 TKC全国会のホームページ(http://www.tkcnf.or.jp/)から要約版をダウンロードできます。

弊所のクライアントをみても、製造業は依然厳しい環境下にさらされております。
但し、安易な値下げ合戦に歯止めをかけ、「損益分岐点売上」の低減化(変動費を中心にコスト管理を徹底し、少ない売上高でも利益を出せる体制改善)を図れたところは、黒字回復を実現できております。

社内数値の「見える化」・・・問題事項の抽出、把握、数値の持つ意味を社内浸透

 改善行動の「見える化」・・・利益向上の施策、改善行動を見出す、社内一枚岩化

 行動結果の「見える化」・・・継続行動にて効果を獲得する、社風改革

ここらあたりが、大事です! 

同業他社との比較のお勧め

優良企業への転換のためには、改善目標を定める必要がありますが、最新の同業他社の数値、動向を参考に定められるのが良い方法です。

 売り単価の下落を、他社ではどのようにカバーしているのか?

 人件費にどの程度割いているのか?

 設備投資実施のここ数年の趨勢は?

等、戦略の策定に参考になる情報がふんだんにあります。
同業他社の情報以外にも、貴社の現状の分析、課題の抽出等、弊所宛お気軽にご相談ください。 

お問合せ