製造業の方必見!

製造業(メーカー)企業への弊所の役割(サポート)
今なぜ、原価計算が必要なのか! 中小企業の原価計算の実状とは? 製造業(メーカー)企業への弊所の役割(サポート)

「製造業の経営動向(平成27年度版 TKC経営指標 ※1 より)

平成27年(同年1月~12月決算まで)における製造業の経営動向は下記に要約される。

売上高は平成26年に比べ7,370千円増加し(対前年比102.5%)、限界利益も前年から3,609千円増加した(対前年比102.7%)。一方、固定費では、前年と比べて、人件費が1,225千円増加するなど、固定費合計で2,383千円増加し(対前年比101.9%)、経常利益は、前年から1,227千円増加の7,878千円となった(対前年比118.4%)・・・・

リーダー研修の勧め

  サイトマップ Site Map   
HOME
初めての方へ
 ├桑澤会計事務所概要
 ├会計で変わる経営
 └導入事例
優良企業への変革をはかる方へ
 ├目指せ!優良企業へ
 ├バランススコアカードとは
 ├サポートツール事例
 └リーダー研修の勧め
製造業向け
 ├製造業の方必見!
 └モノづくりナンバーワンを目指して


桑澤からのメッセージ

桑澤会計事務所 所長ご挨拶

リーマンショック以降の長期にわたる不景気(特にモノが売れない)、そして今回の震災も影響し、なかなか明るい先が見えてこない状態が続いております。そ の中で生き残るためには、まず現状(外部環境、内部環境、強み弱み)をきちんと把握し、進むべき方向を明確にし、全社一枚岩となって行動していく、その転 換が必要です。

桑澤会計事務所では、「中小企業の経営者の皆様とともに生き抜く、そのための適時・適切な情報のご提供」を理念として、サポートを行っております。一般の 会計事務所のイメージは経理部署にお伺いしての「数値作り」でありますが、弊所では、製造・営業といった現場にも積極的に飛び込み、現場の改善を後押し し、その結果として会社の体質強化に寄与する、そのようなことを行っております。現場での改善・革新行動実践のため、様々な情報そしてツールをご提供して おります。

京セラ創業者の稲盛氏は、「人生の真理は懸命に働くことで体得できる=ど真剣に生きる=」とおっしゃられておりますが、弊所も中小企業の皆様へのど真剣な るサポートをモットーとして業務を行っております。その結果として、是非皆様と「経営改善・経営革新」行動を起こし、その成果と喜びを共有したいと思って おります。

「町医者」的な、敷居の低い、だけど頼りになる事務所を目指しております。
是非とも一度ご相談ください。 

お問合せ